« 新生活スタートさせます。 | トップページ | 夢のような日から一夜明けて。 »

2012.03.23

スーパーニート期間エンジョイ中。

今日、久々にお姉ちゃんがうちに遊びにきて海賊のように夕飯を食い散らかして、我が家の食器やら小物やらを持ち帰っていきました。

弟がリプトンの紅茶買って、溜まっていたワンピースのストラップをゴッソリ持って行こうとして。
「あ〜、でもこの毛モジャ(ブルック)が出てきた頃はもうワンピース読んでないから要らないや。」
「読んでないなら、そのストラップいらないじゃん。」
「いや、この2つは知ってるよ!ニコ・ロビンとリリィ・フランキーでしょ!?」
「リリィ要らねーよ。どこのイラストレーターだよ。」
「あたし、ニコ・ロビンに似てるって言われてるからコレは必要なんだよ。」
「ああ、鼻が?」
「そうそう、あと黒髪で直毛なところ。ニコ・ロビンか楠田枝里子って言われてるから。」

これをボケとかじゃなくて素で言ってるから、うちの姉は天才だと思います。

前の職場を辞めて、まだ3日しか経ってないから当然なのかもしれないけど辞めたっていう実感は全くありません。
でも良い奴らばっかりだったから、会えなくなると思うとやっぱり寂しいなぁ〜。

この前は私的に衝撃的なことに、送別会の帰りに2コ下の後輩に告白されて。
弟のように可愛がっていた子だったからもうビックリ。
「ななさんが辞めていなくなると思ったら、つ、辛くて…。」って目の前で泣かれちゃって、ええ〜!?みたいな。
こんな純粋な25歳がこの21世紀に生き残っていたのかと感動した。
25歳と言っても、見た目も幼いからハタチぐらいにしか見えないんですが。
ああ〜ときめいた〜。キュンキュンした〜。

有り難いことに、男の子でも女の子でも心の優しい純粋な後輩達が「ななさん、ななさん」と慕ってくれて。
その度に、わたしは嬉しい気持ちと、「そんな良い人間じゃないのに…。」って申し訳ない気持ちでいっぱい。
わたしの優しさなんて所詮「嫌われたくない、いい人に思われたい」っていう偽善の固まりなんですよ。

でも、その話を友達にしたら「たとえ、それが偽善でも誰かにそうやって気を遣える時点で充分ななちゃんは優しいよ。」って有り難い言葉をくれたので、わたしは自分が偽善者であることを誇りに思います。(どんな結論?)

その、いつも私を助けてくれる友達と27日から韓国旅行に行ってくるので楽しみです。
エステ行って焼き肉食べて遊びまくるぞーい!

|

« 新生活スタートさせます。 | トップページ | 夢のような日から一夜明けて。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新生活スタートさせます。 | トップページ | 夢のような日から一夜明けて。 »