« それでも私は信じない。 | トップページ | それとYou wanna be my friend ? »

2010.05.12

夢はでっかく

ドリームジャンボ始まりましたね。
職場近くにでっかい宝くじ売り場があるからシーズンになる度、連日の大行列を見かけます。
何か、初日は徹夜で並んだ人もいるそうな。
早く買ったからって当たるわけでもあるめぇ。

そんな話をバイトの先輩としてて。

「ななちゃんは宝くじ買わないの?」
「私、生まれてこのかた買ったことないんですよね。」
「マジで?じゃ、買ってみれば。ビギナーズラックで当たるかもよ?」
「マジすか?三億円当たっちゃいますか?」
「うん、当たるんじゃない?」
「当たったら速攻で仕事やめますけど良いですか?」
「ああ、良いんじゃない?」
「事務所行って、店長に名札投げ付けて辞めますけど良いですか?」
「良いんじゃない?ほーらよって。やってられるかって言って辞めちゃえば良いんじゃない?」
「あ、じゃあ今すぐ事務所行ってきますね。」


でも、宝くじで三億円当たる確率より、道を歩いてて交通事故で死ぬ確率の方が高いらしいですよ。


ななです、こんにちは。

三億円当たったら、2ヶ月バイトをお休みして銀妙&ルナミ活動に励みます。
そんでもってマンション買って、オタク活動専用にするんだー。

夢膨らむ。

とりあえず夏のUSJに行けるかどうか危ういくらいの私の貯金。
もし行けたら、その頃には発売しているであろうストロングワールドのDVD持って行くから、ふぐ食べながら上映会でもしよう。
聖剣で妥協したあたいがバカだったよ。(完全なる私信。)

今、手元にある56・57巻を読み返す度に栄一郎を尊敬せずにはいられません。
神だ、神。
人間国宝に認定されるのはいつですか?(真顔。)

何が嬉しかったって、悪魔の実とかキャラクター案を読者から募集しないってことと、それを自分の信念だとちゃんと説明してくれたこと。
私、読者の考えたキャラクター登場するのが嫌いで。

何かその瞬間に現実世界に引き戻されるっていうか、夢中になっていたストーリーが結局は全て人の作り話って思い知るというか。
とにかく嫌なんすよ。

その禁断のキャラクター公募を、どっかの空知はやったことあるけど。
いいの、あいつは。

いかに読者を楽しませるか、っていうより
いかに読者と楽しむかっていうスタンスで描いてるから。(お前が空知の何を知る。)


でも「僕にアイデアを出すな」なんて言われちゃう編集者は辛いね。
編集者っていうか、大西だけど。
お前は作品に一切介入せずに尾田⇔集英社間だけを行き来する原稿運びマシーンだよ。
辛くなったら、いつでも空知のところに帰っておいで!


あーもー、親指疲れたよ。
いっつも書こう書こうと思うんだけど、親指疲れて断念。

明日こそは。

明日こそは、

ルフィと食欲と性欲について

語ります。(やめて下さい。)

|

« それでも私は信じない。 | トップページ | それとYou wanna be my friend ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516009/34657596

この記事へのトラックバック一覧です: 夢はでっかく:

« それでも私は信じない。 | トップページ | それとYou wanna be my friend ? »