« 職場にケータイ忘れてきた…だいぶ凹む。 | トップページ | 絶賛原稿中です。 »

2008.10.18

銀妙について考えだすとキリがない。

昨日、布団に入ってから悶々と銀妙の今後について妄想し始めたら止まらなくなり、どんどん意識が冴えて来て、目がランランとし始め気が付いたら朝の4時でした。

ななです、こんばんは。

今日も仕事の行き道に、電車の中で紅桜編の銀妙シーンを復習してました。
「まな板みたいな胸した女」発言は、やっぱり実物を見てない限り出て来ないよなと思ってみたり。
だって着物って乳デカイかどうかわかんなくない!?しかもお妙さんの場合、タオルとかいっぱい突っ込んで実物より若干大きくしている気がするよ。(キャバ嬢テク。)

そんなことを考えているうちにニヤニヤしてしまい。
やばい、コレ私本気で危ない人だよ…!って思って、咳払いしたりして誤摩化したけど。(多分、誤摩化せてない。)

でも問題は銀さんが見たのかどうかよりも、何で空知は銀サンにそのセリフを言わせたのかってことです。
どういう意図があって!?
だって、そこは「ゴリラみたいな怪力した女」でも有り得た訳だし。何でまた、そんな際どい発言を…!
しかも子供達がいない時に限って!敢えて?敢えてなのか!?
子供達がいない間に「何度見ても変化のないまな板みたいな胸した女」発言で茶化したってこと?(※実際のセリフよりも若干肉付けされております。)

空知に一度で良いから聞いてみたい。

銀サンとお妙さんをどうするつもりですか?

早く結婚させてくれないと気が気でない。リアルに夜も眠れないよ。
そして何やかんやでこんな時間。

今日は仕事中に脳内をかけめぐっていた妄想を1つサイトにアップ。

誕生日漫画が途中なのに何やってんだろ…

***
某様に届け私信。
もし凍凶にいらっしゃることになったら、こちらこそ是非お相手して下さい!凍凶案内でも宿の提供でもいたします!
むしろ関西進出を夢見ておりますので、その際は宜しくお願いいたします…!

|

« 職場にケータイ忘れてきた…だいぶ凹む。 | トップページ | 絶賛原稿中です。 »

銀妙話」カテゴリの記事