« 夏も本番のようです。 | トップページ | 本日2個目の日記。(さっさと寝ろ) »

2008.07.24

毎度のことで言う必要もないんですが、身の無い話です。

イタキス読んでて、入江くんはいつから琴子を「琴子」って呼ぶようになったんだろう?と気になり始めてきました。
最初は面識ないから、もちろん「相原さん」なんだけど、気が付いたら「相原」って呼び捨てになってて、同居始めてからすぐ「琴子」呼びになったと思ってたんだけど、大学でも「相原」って呼んでた。
いつからだろう?と時期をハッキリとさせたくて(何のために?)また読み返しているんですけど、入江くんのシフトチェンジが自然過ぎてっていうか漫画を読むこと自体に夢中になってしまって、毎回、「琴子」呼びになった時期を確認しないまま読み終えます。

ななです、こんばんは。

お前はどんだけ漫画大好きなんだっていうね。銀妙以外に浮気し過ぎなんだよ、気が多いんだよって思われたらどうしようっていう不安もありつつ、コイツどんだけ漫画持ってんだよって思われたらどうしようって不安もあります。2000冊ぐらいあるかも。
人の目を気にして生きる小心者ですから。小心者っていうと、みんなに自己分析失敗だねって言われるよ。うるさいよ。
ここまで散々漫画に熱く語っておきながら、オタクって思われたらどうしよう!
とかね。気にしてるの。オタクのくせに。
しょっちゅう日記書いたらコイツ本当にヒマ人な!って思われたらどうしよう!
とかね。気にしてるの。どヒマなくせに。

最近、ヒマなのでっていうか、絵チャがあまりにも楽しかったので、今度やりたいな〜とか妄想中。銀妙に限らず色んなカップリングについて熱く語り合いたい。あとイタキスとか最近熱いよね。(お前だけです。)
だってMっちも読んでるって言ってたもん!
もん、じゃねぇよ。

でも本当に小心者だから、ノミの心臓だから、それこそ。心はガラス細工だから。ガラス細工のバレリーナの足首のぐらい繊細だから、すぐポキって折れるから。
この日に絵チャやります!って宣言しておいて、誰も来なかったらどうしよう、いっそ突発的にやろうかな、そうすれば誰も来なくても「いきなりだったから、仕方ないよね〜」っていう自分への慰めになるかなとか、そんなことばっか考えてゲリラ的に開催する可能性、今の所80%。

イタキス読んでると中学生だった頃の自分はこう思ってたなぁとか当時を色々思い出せて楽しいです。
結婚するなら入江くんみたいな人いいなheartとか思ったものです。

今の理想はGを殺してくれる人です。
夏の時期にやってくるGです、Gッキー。
昨日、風呂入ろうとしたら、脱衣所のとこにちょろちょろっと登場してきて、夜中だったから悲鳴は抑えたものの、ホント風呂入んのやめようかと思ったもん(きたねえ。)
何でこんな私の100分の1ぐらいしかサイズの無いヤツにビビらなきゃなんないんだ!むしろGは怖いっていうイメージを最初に作り出したヤツは誰だ…!?固定観念に捕われているだけで、Gなんか怖くない怖くない…!とか、Gは絶滅すればいい…でも、絶滅したら生態系に異常が起こるんだろうか…とか頭ばっかりヤケに冴えて(コレ冴えてんの?)1時間は大袈裟だけど30分は格闘した。

お母さんにバレたら怒られるから、まだ言ってないけど、多分スプレー缶丸々1本使い切った。

じゃあ続きからイタキスについて語るよ。(どんな話の流れ?)

やっと10巻で結婚した2人だけど、何気にその後10巻以上も結婚生活が続いてるから、ラブラブな2人のイメージが強くて、1巻のとことん冷たい入江くんとか、逆にときめく!

ていうか、改めて思ったんだけど主人公がフラれるとこから始まる少女漫画ってすごいよね!
初めて読んだ時は、まだ小学生で「こんな性格悪いヤツのどこがいいの???」と理解し難かったけど、その冷たい男が時折見せる一面にキュンとね!
多田先生のカッコイイ男を描くポイントは、1話の中に必ずときめく一言を言わせるそうですよ。さすが…!

でも入江くんは冷たい冷たいって、周りから言われて,ホント冷たいイメージが強いけど、読めば読む程、どんだけ琴子に甘いの!?っていう。甲斐甲斐しく世話も焼くし、いじめてる姿だって、小学生男子が好きな女子をからかってる風にしか見えないし、琴子を厳しく叱ってダメ!って一度は断っても最終的には言う事聞いてあげちゃうし。結婚前からね!

イタキスの魅力は入江くんがスーパーかっこいいっていうのも1つなんだけど、やっぱり琴子だよね。少女漫画の主人公として有り得ないことするし、人に迷惑ばっか、かけてんのに憎めないというか、本当に入江くん命!っていう一途でひたむきなとことか!すぐ泣くし怒るし、ほんとに自分の気持ちに正直でさ。
読んでて、がんばれ!がんばれ琴子…!って応援したくなる。
入江くんに「アレして、コレして!」って、ワガママ言う割には、本心では「そんなのいらない、入江くんが側にいてくれるだけでいい」っていう健気なとこも!

これは入江くんも落ちるわな、っていう。
クールに見えて独占欲強い方ですからね、彼。そこもいい!
L25で最近やったアンケート「好きな漫画のヒーロー」ランキングで堂々の7位だったそうですよ!連載終了して9年経ってなお!すごいわ〜。だって、ホントにホントにかっこいいものー!
「オレ以外の男 好きなんて言うな」
ぎゃー!ってなった。ぎゃー!ってなった当時小6の私!
多分ねー、入江くんのときめいたセリフを並べるだけで原稿用紙10枚ぐらいいける。(何で単位が原稿用紙?)

イタキスは本当に出て来るキャラクター全員が魅力的で好きだったなぁー。裕樹くんと好美ちゃんも好きだった。金ちゃんとクリスだって。タケトくんと松本妹も。もちろん、紀子ママとイリちゃんパパも!
みんなみんな好きだった。よくを言えば琴子と入江くんの赤ちゃんも見たかった!

連載が終了した時は、続きを誰かに伝えることもメモも残してなかったから、未完のまま終了って形になっていたけど、最近(最近なのかな?)最終回の構想メモが見つかったらしく、アニメで完結させることになりアニメ化したそうな。
えー…漫画で良かったのにー…
アニメ化って、絶対に賛否両論別れるじゃないですか。全員が全員好きって思えるとも限らないし、漫画読んでてセリフとセリフの間とか、キャラの声とか、動きとか、読者ごとに頭でイメージって固まってるから、アニメってやっぱり抵抗あると思うんですよね。
噂によると、毎回作画にハラハラさせられるそうで。汗
だったら、動画なんで難しいのやめて、静止画でいいのになーって。上手いアシスタントさんを使えば、いくらか多田先生の絵柄に似るんじゃないか、いっそファンから一般公募で多田先生の絵柄に近い人を探した方がいいんじゃないか、とかね。
誰がどう頑張っても多田先生と同じものは描けないとかわかっているんですけどね。

でも、どんなに文句言っても、多田先生が用意していたラストを見てみたいっていう気持ちもあるわけで。
…アニメ見てみようかな。覚えておいて金曜日の深夜2:25からTBS。

先日、朝の情報番組で多田先生の特集をされていて見ました。
あんなハッピーな漫画を描く方だから、さぞハッピーな人生を送ってきたんだろうな、素敵な方なんだろうなって思ってたから、壮絶な人生を知って、すごいショックでした。
もちろん、多田先生がどれほど家族想いで旦那様のことを愛していて素敵な方だったということは充分に伝わりましたけど。でも、そのテレビの特集の組み方が「漫画のキャラクターとは全く反対の孤独!」とか「不幸な人生!」っていうのをプッシュしていて、嫌でした。
伝えるべきことは、そこじゃないだろう!と。
何で人って、早く死ぬと「不幸」って思われるんだろう?永く生きていても不幸な人だっているのに。
38年という短か過ぎる人生だけど、生きていたその瞬間は本当に幸せだったと思うんだ!だって、自分が幸せじゃなきゃ、読んでいる私達をこんなにも幸せにしてくれる物語は描けないと思うんだ!
だから「可哀相」なんて言う方が失礼な気がする。

確かに、漫画家としてラストまで描けなかったっていう無念もあるだろうし。
最愛の息子の成長を見届けられなかったっていう無念もあると思う。
旦那様を残してしまったっていう寂しさもあると思う。
多田先生の人生というのを、今回初めて知って、真っ先に思ったのが「何で?」「何で多田先生が?」
本当に人生ってわからない。

でも幸せだったと思う!幸せだったと思いたい!
多田先生に、素敵な作品を有り難うございます、と。ずっとずっと大好きです!と。
今更だけど伝えたい。

|

« 夏も本番のようです。 | トップページ | 本日2個目の日記。(さっさと寝ろ) »

日々徒然」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。